重要なお知らせエリアを非表示

2022/02/11 18:16


初回販売分は完売致しました。

次回入荷も予定しております。


私たちが小野さんと初めてお会いしたのは数年前、彼が本格的にマクラメアーティストとして活動をし始めた頃でした。

The Landscapersが手がけた案件のアートワークや商品で、いくつもの作品を作って頂きそれらはどれもこれも唯一無二の思い出深い作品となっているのです。


今回最初にお取り扱いを始めるのは、『wood&knot』の新しいシリーズ“関守石”。

日本庭園で昔から使われている関守石をwood&knot独自の解釈で作っています。

もともと関守石とは茶庭などにポツンと置かれ「これより向こうは通行不可」という主人の想いを石に託していたものですが、このwood&knotの関守石は、手に入れた方のそれぞれの想いで様々に飾って頂きたい作品です。


wood&knotの作品は全てが1点モノなので全く同じ物はありませんが、それがまた楽しい。

気になった方は是非!!


wood&knotの作品の購入はこちらから。




プロフィール

Wood & Knot / 小野 正史


1977年 埼玉県生まれ。

少年時代、ボーイスカウトでロープワークを習う。その後車の整備士を経て、アパレル業界に就く。

そんな中、LAで盛り上がっていたクラフトにインスパイアされ、ウォールハンギングの制作を静かに開始。


もともとSNSで作品を公開していたところ、その魅力に惹きつけられた人たちからのオファーが来るようになり、2016年よりwood&knotとして本格的に活動をスタート。

展示販売やワークショップの開催、店舗装飾なども手掛けている。


日本の伝統文化や文様、風習に影響を受け、それを解釈し、さらに咀嚼した上で素材と対峙し、自分の心から湧き上がるままに表現をしていくスタイル。

ロープや藁、流木や動物の角や骨など、すべて自然から成る素材を用い、その形に抗わず生み出す作品は、奥行きがあり、またファッショナブルな中に、なぜか我々に懐かしく自然に回帰するような気持ちにさせる魅力が潜んでいる。


現在も独自の販売サイト等はない。人とのつながりを基に作品を作っていくスタイルは、人や素材との繋がりをリスペクトしている証であり、それはまさに森羅万象を重んじて製作している表れである。